化学反応について研究する博士学生です。

自己紹介 -Profile-

小林柚子プロフィール画像

 小林 柚子(こばやし ゆず)
京都大学理学研究科化学専攻の修士課程を卒業後、企業の研究所での社会人経験を経て2020年9月から東京大学新領域創成科学研究科の博士後期課程に在学し、理化学研究所で実験を行っています。
→ SNS: note/twitter

and more 詳しく

研究 -Research-

研究紹介画像

化学反応のメカニズム
原子と分子の存在を知ったときの小さな衝撃が、ずっと私を動かしているのだと感じます。 物質は、原子や分子で構成されている。そう考えて世界を見る方法が化学だ、と先生に教えてもらいました。そのときから私は新しいものの見方を手に入れたと思います。
私はまんまと化学の世界にハマり、こんどは化学反応がどうやって起こるのかを知りたいと考えました。そう思ったのは、光触媒という物質と出会ったからです。水中のなんの変哲もない粉末に光を当てるとみるみる気泡が発生するのを見たときに、また、小さな衝撃が走ったのです。化学反応というのは、多くのことがわかっているようで実はまだ謎に包まれたことがたくさんあるということを実感しました。
いま、1個の分子を測定できる装置を使って、化学反応がどうやって起こるのかを調べる研究をしています。正確には、そのための装置をつくる研究の一部をやっているという感じです。 すこしでも、この面白さを宣伝したいと考えています。
このページやtwitterやnoteなど、少しずつ更新していきますので覗いてみてください! 詳細は…now preparing‼

and more 詳しく

業績 -Achievements-

2020年9月 博士後期課程入学
年月  
年月  
年月  

and more 詳しく